So-net無料ブログ作成

今年もお世話になりました [日々のこと(sur moi)]

皆様、こんにちは。
今日は大晦日ですね。2011年ももう終わりなのか、と思うと、
月日が経つのはこれほど早かったっけ?と自問自答してしまいます。
今日の思い出を振り返りながら、書いていければいいかな。
ついでにずっと前に設定してそのままにしておいたアンケートのことも。

最後までどうぞお付き合いいただければ嬉しいです。

まず、今年の宝塚鑑賞を振り返っていきましょう。

1月
・雪組『Romeo et Juliette』(宝塚大劇場)
・星組『メイちゃんの執事』(宝塚バウホール)

2月
・星組『愛するには短すぎる/ル・ポアゾン2』(中日劇場)

5月
・星組『ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び』(宝塚大劇場)

9月
・星組『ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び』(中日劇場)

11月
・星組『オーシャンズ11』(宝塚大劇場)

どの公演も様々な関係で1回ずつしか見ていないので、計6回。
本当に少ないですね。しかもほとんどが星組という…あれれ?
宙組公演も観劇する気満々だったはずが。
来年はもっと色々な組の公演を観られればいいなあと思いますが、どうなるやら?
昨年まではランキングとかしていましたが、今回は観ている回数が少ないので、
そういうことはしないでおこうと思います。
とはいえ、一言。
今年観た中で1番好きだったのは『ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び』、かな。
DVDを購入してしまうほど夢中になりました。

そして、アンケートについても。
2010年の話になります。(結構古いですね。)

問1 2010年に上演された作品で1番好きだったものはどれですか?

・カルネヴァーレ睡夢

彩吹さんのサヨナラ作品でしたよね。
ヴェネチアでのあれこれをショーにしたような作品、ときいています。
観たかったなあ、と思います。

・花組公演「虞美人」

桜乃さんのサヨナラ作品でしたね。
再演ということですが、木村先生の演出で新しい舞台に仕上がったとか。
綺麗な桜乃さんにはぴったりな役柄(虞美人)だったんじゃないかなあと思います。

・カサブランカ、スカピン

両作品とも評判の高い舞台だったと聞いていますし、
スカピン(月組)は映画として上映されましたしね。
カサブランカも『オーシャンズ11』上演につながっていきましたしね。

ちなみに、私は星組『Romeo et Juliette』でした。

問2 2010年にキラリと光っていたジェンヌさんはどなたでしたか?理由も添えていただけるとありがたいです。

・彩吹真央さん。退団オーラで綺麗でした。

彩吹さんは退団後も大活躍なさっていますよね。本当にいつまでもキラリと輝いている方ですよね。
これからも頑張っていただきたいです。

・音波みのりさん。バウ公演「リラの壁の囚人たち」で勢いをつけ、バウヒロイン、新人公演ヒロインとのりにのってきたからです。「メイちゃんの執事」でもヒロインを務め、一躍トップ候補の一人に。素晴らしいです!

音波さんは今度の『天使のはしご』でもヒロインを務められますよね。
来年は異動で宝塚の中が慌しくなりそうですが、その中で彼女らしく頑張っていただきたいですよね。
『オーシャンズ』のスチール写真がとても綺麗だったなあ…。

・明日海りお。好きだから。美しい。初挑戦?な悪役もさらりとこなしていたから。

みりおちゃんは『二人の貴公子』で観る限りですが、内に熱い炎を秘めた男性の役柄が
似合う男役さんなんじゃないかなあと思います。勿論、『アリスの恋人』のルイスや
『ミー・アンド・マイガール』新人公演のビルのような明るい人も似合いますけど。

私の場合、星組で考えてしまうんですけど、柚希さんかな。
ロミオを始め、色々と「凄いなあ」と思わせる舞台を見せていただいたので!

問3 2010年に5組のなかで1番勢いのあった組がございましたら教えてください。理由も一緒に書いていただけると嬉しいです。

・月組。トップコンビお披露目公演「スカーレット・ピンパーネル」が素晴らしく、続く「ジプシー男爵」でも感動したからです。
・月。何度も観たいと思わせてくれた。

皆さん、月組を選んでいますね。
昨年も今年も月組公演を観られなかったので、来年こそは観劇しに行きたいですね。
私は昨年星組と宙組しか観ていないので、答えられません。

問4 2010年に観られた外部の舞台で1番面白かった!と思われた作品がございますか?そう思った作品を全て挙げてくださいませ。理由も添えていただけると嬉しいです。

・ドラマチカ・ロマンチカ。出演者5人の個性がバラバラで、トークが面白かったです。
・パル・ジョーイ。アンサンブルまで配役がベスト。主役の坂本さんが特に素敵でした。

彩吹真央さんも出演なさっていた外部ですよね。
ドラマチカロマンチカは再演もありましたし、パル・ジョーイも凄く良かったと聞いたことが。

・スカピン。男役が女装したり面白いし、納得できる終わり方だったから。
こちらは外部でなくて宝塚の方ですよね?スカピンの面白さは綺麗にまとまっているところにも
一因あると思います。いいですよねえ、スカピン。

私の答えも書いていきたいんですけど、外部の演劇(ミュージカル)を一切観ていないので、
答えられません。残念です、来年こそ何か観たいです。

問5 2010年に読まれた本の中で1番面白かったタイトルを教えてください。理由も添えていただけると嬉しいです。

・「波乱爆笑我が人生」です。皆さんの人生がそれぞれ面白すぎて、大笑いして母に叱られたほどです(笑)

こちらは凄くいいですよね。
ジェンヌさん1人1人の顔の特徴をよくつかんだイラストだなあと思いながら、
いつもグラフの連載の方を読ませていただいていました。

私の場合、たくさんありすぎて。しかも2010年に読んだ本にもなると、ね。
1番印象的だったのは松本清張の『球形の荒野』かな。
ちなみに、今年はブラッドベリの『永遠の夢』です。

問6 ここからは2010年とは関係ない質問になります。
つい応援したくなる男役さんのタイプなどございますか?…例)フェアリータイプ、男らしい男役などなど

・歌える男役さん!!
・まず美しいのは絶対条件で、普段のトークは女性的でおっとりしていても、スイッチが入ると一気に男っぽくなるひと。

皆様、色々ですね。
私もヴィジュアル重視ですが、第一は見た目が爽やかそうに見える人かしらん?
中身がどんなに熱い人でも、ただ立っているだけならどんな砂漠の上でも涼しそうに見える男役さん。

問7 つい応援したくなる娘役さんのタイプなどございますか?…例)宝塚らしい娘役、大人っぽい娘役など

・強気。だけど時々ほわほわ。
・三拍子そろっていて、特に歌える娘役さん!!
・カッコイイ娘役。

こちらも色々ですね。
私は娘役さんには「これぞ娘役」という愛らしさを求める傾向が。
もちろん実力のある娘役さんも素敵だと思いますが、見た目重視かな?
でも、かっこいい娘役さんも実力のある娘役さんも好きなので、
要は、ビビッときた娘役さんということになるのかもしれませんね。

問8 2011年に上演される宝塚作品(今のところ発表されている演目のみ)で気になるものはございますか?

・花組公演「ファントム」。新トップコンビお披露目公演なので、余計に気になります!

花組ファントムもトップお披露目と役替わりで話題になりましたね。
私は拝見していないのでよく分かりませんが、また新しいファントムが登場したのかな?と思います。

問9 最後にどうしても管理人に伝えたいことや言い残したいこと、また、今度聞いてみてほしい質問などございましたら、遠慮せずにお書きください。

・これからも、ブログの更新頑張って下さい。好きな娘役ジェンヌさんのどういうところが好きなのか、ぜひ聞いてみたいです。

次のアンケートにはそういう質問も加えてみますね。
不定期になってしまいますが、ブログの更新も頑張りたいと思います。
いつも読んでくださってありがとうございます。

それでは次のアンケートのお知らせ。
今回は2011年の総まとめという感じでつくってみました。楽しんでくださるといいなあと願っています。

良いお年を。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。