So-net無料ブログ作成
検索選択

Le changement de la Lune [月組]

ハロウィンですねー!」いや、もう「ハロウィンでしたねー」になる時刻でしょうか?
皆様、お久しぶりです。管理人のmarineです。
仕事の忙しさと空いている時間をほぼ読書につかった関係で
全くブログを更新できていませんでしたね。いつも来てくださる皆様、申し訳ございません。

今月は芸術にあまり触れる機会がなかったこともブログの更新がおろそかになった原因にも
なっています。来月は宝塚を見ますし、今月より更新する頻度が上がるのではないかと思われます。
(来月のシフトが完全に決まっていないにも関わらず、今日ネットで買ってしまった。。。)
(きっとチケットを購入した日は大丈夫だと思うんですけどね。うふふ。)
それから明日は映画も観ますし、その感想も書くつもりです。
私らしいセレクトだわと思っていただけるような映画を観てきます。うふふ。

今日はつれづれなるままに、最近の宝塚情報を。

続きを読む


コメント(0) 

『The SCARLET PIMPERNEL』 in CINEMA [月組]

5082195_951286552_13large.jpg

こんにちは。私が住んでいる地域では雪がしんしんと降っています。
卒論とはもうお別れしています。17日に提出しました。
元旦から執筆し始め、16日に製本しました。
卒論の締め切りが20日だったので、余裕をもって出せたといえます。
題目は『エドガー・ドガ研究』。問題提起はドガが印象派だと呼べたかどうか、です。
結論から言わせると、「ドガは印象派ではない」。
-少なくとも、資料を読んでいくうちに私はそう思いました。

そういうことはともかく、今はテストに励んでいます。

さて、卒論を頑張ったという自分自身に対してのご褒美として、
映画館で『The SCARLET PIMPERNEL』を鑑賞してきました。今年初の映画鑑賞でした!

続きを読む


コメント(0) 

月組新公スカピンのあれこれ [月組]

アンケートに答えてくださってありがとうございます!
また集計する際に質問など皆様のコメントにお答えしようと思っているのですが、
タイムリーなお尋ねがあったので、それだけは答えておきますね。

・私の大学卒業後の進路はどうなのか?
…これは今答えるべきでしょうね。というより今答えるべきだと思いました。
今のところ「就職活動」をすることになっています。
でも、どんなところで働きたいのか?というビジョンが何一つないような状態です。
一時期大学院進学も考えましたが、やはり私はここで社会に出るべきだろうと思いました。
本当に今現在何もやっていないので来年の春どうなるか分かりませんけど、
きっと1番いいときに私にふさわしい仕事がやってくると信じています。
この質問を尋ねてくださった方も私と同じように就職活動を頑張っていらっしゃるとのこと。
お互い「花を咲かせる」ことができますよう努力していきましょう!


続きを読む


コメント(6) 

スカピン新公*その他の主要配役発表 [月組]

もう少し後かなあと思いきや、今日スカピン新人公演の配役が全て発表されました。
もうそろそろ新人公演も歌稽古するのかなあ?とあれこれ想像してしまいますが、
そういうことをあまり考えずに本番を楽しみにしておきましょう。

関連したリンクは配役予想スカピン新公一部配役発表でしょうかね?
配役予想に(見にくいですが)役柄の説明をしています。(もしくは本公演配役発表、ですね。)

続きを読む


コメント(4) 

スカピン公開記者会見の続き [月組]

高橋大輔選手、世界フィギュアでの優勝おめでとうございます!
今回の世界フィギュアはトリノでの開催でしたよね。
4年前の切なさや苦しさを見事生かした滑走だったのでしょうね。
エキシビションでは思う存分楽しんでくださいね。
…そして、明日からはいよいよ女子シングル!各々のベストを尽くせるものになりますように。

さて、ようやく公式で詳しいスカピン記者会見レポが載せられましたので、
今回はそのリポートをしていければと思います。

続きを読む


コメント(0) 

ジプシー男爵 [月組]

本日2010年のラインナップが一部発表されました。
今日から2,3日はこの話題について書いていければと思います。

…まずは月組!

月組
■主演…(月組)霧矢 大夢、蒼乃 夕妃

宝塚大劇場:2010年9月3日(金)~10月4日(月)
<一般前売:2010年7月31日(土)>
東京宝塚劇場:2010年10月22日(金)~11月21日(日)
<一般前売:2010年9月19日(日)>

ミュージカル
『ジプシー男爵 -Der Zigeuner-baron-』
-ヨハン・シュトラウスⅡ世 喜歌劇「ジプシー男爵」より-
脚本・演出/谷 正純

ヨハン・シュトラウス作曲のオペレッタ「ジプシー男爵」を、現代的にリメイクしたミュージカル。1738年、オーストリア=ハンガリー帝国の東南端の町・テメシュバールは、二十数年前まではオスマン・トルコの支配下にあったが、ベオグラードの戦いの勝利でハンガリー帝国に帰属していた。そんなテメシュバールにはトルコ総督が逃走する際に隠した財宝があると言い伝えられていた。そこへトルコと内通していたとの濡れ衣で亡命を余儀なくされていた、テメシュバールの領主の息子シュテルク・バリンカイが帰って来た。財宝を巡り様々な思惑が交錯する中、シュテルクは、哀愁を帯びたジプシー娘ザッフィの歌声に導かれ、バリンカイ家の城跡へとやって来る。そこには国中のジプシーがシュテルクの帰国を聞き集まっていた。シュテルクの亡き父親は、人々が蔑むジプシーたちを保護し支援していたのだ。シュテルクは亡き父親と同じ思いで、「ジプシー男爵」の名を継ぎ、ザッフィを妻にすると宣言するが……。

※最近では、「ジプシー」の表記は、偏見・差別的に使用されている場合があることを理由に「ロマ」等と表記されるようになりましたが、本公演を上演するにあたっては、ヨハン・シュトラウスⅡ世 喜歌劇「ジプシー男爵」の原作を考慮、尊重するために、そのままの表記・表現を行います。

グランド・レビュー
『Rhapsodic Moon』
作・演出/中村一徳

月のもつ神秘的な美しさ、輝きが発するエネルギーをバックに、「Rhapsodic(熱狂的に)」歌い踊るダンシング・レビュー。幻想的な音楽と情熱的なダンスシーンを織り交ぜ、月組のショースターの様々な魅力を見せます。

芝居に関して結末を明かすようなことも書いていきますので十分に注意してください。

続きを読む


コメント(0) 

月組スカピン公開稽古の感想 [月組]

小学生が書くようなタイトルですみません。
もっとセンスのいいものをつけたかったんですけど…永遠の12歳(笑)の頭脳では無理でした。

22日にCSのニュースで放送された月組スカピン公開稽古をSkypeを通じて母が見せてくれたので、
その感想をちまちまと書いていきたいと思います。
あくまでも脳天気な学生の感想ですので広い心で読んでいただけると嬉しいです。


続きを読む


コメント(0) 

The Scarlet Pimpernel 公開記者会見 [月組]

今日は久しぶりに宝塚話題でも。
現在、頭の中がNINE色に染まっているのですが、そこになんとか宝塚色に戻して頑張ろうと思います。

スカピンの公開記者会見の模様を書いていきます。

この会見はいくつかのメディアが既に記事にしていますが、
私はあえて公式のみ、公式の情報のみ記述していこうと思います。
…というわけにもいかないので他のメディア様の文章を一部転載しています。
他のメディアさんの記事については色々なブログさんが既に情報をアップしてくださっていますので、
そちらを参考になさってくださいませ。

続きを読む


コメント(2) 

月組スカピン人物相関図 [月組]

月組スカピン人物相関図というものができあがっています。
これを観劇前に見ておけば「人物関係はバッチリ!」だと思いますので、
スカピンを初めて観る人にはチェックしてほしいページですね。

それでは思うところを


コメント(6) 

スカピン新公*一部配役発表 [月組]

近頃、1日に2つ以上の記事をアップしないように心がけていたのですが、
今回は仕方ありません(笑)。
頭の中がパリオペラ座バレエ状態だった私にどかーんと一発やってきた、
「『The Scarlet Pimpernel』新人公演主な配役発表」について書いていけたらと思います。


続きを読む


コメント(2) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。