So-net無料ブログ作成

宝塚版『オーシャンズ11』 [星組]

mini-DSCN0219.jpg

観に行くか観に行かないか迷った挙句、
「迷うなら観ろ」という言葉がどこからか聞こえたような気がして、
さっさと公演のチケットを先月末に購入しておいた私です、こんばんは。

『オーシャンズ11』を観に行って良かったなあと心から思いました。
その感想を書いていきます。

続きを読む


コメント(0) 

『オーシャンズ11』配役発表の雑感 [星組]

最近脳内がパリオペラ座バレエでいっぱいの私です、こんにちは。
来年のパリオペラ座バレエダンサーによるグループの来日公演のチケットを購入しました。
私はパリオペラ座バレエに好きなダンサーがたくさんいます。
その中ですごく応援しているミリアム嬢が久しぶりに来日していただけるので嬉しいです。
(エヴ・グランスタイン様の来日がなかったのは切ないけれど…マニュネ氏も残念。)
…そのチケットを購入したことで、『オーシャンズ11』の観劇を諦めるかもしれません。
東京で観ることにしようと思ったのですが(バレエを観るついでに、という感じで)、
チケットをとれるか分からないので。そのときはDVDを買うことにしようと決めています。

さて、『オーシャンズ11』の配役が発表されましたね。
今日はその配役発表について私の雑感を書いていきます。


続きを読む


コメント(0) 

"Le jeu de l'amour" de NAGOYA [星組]

もう10月に突入しましたね。
もう秋も本格的になり、だんだん寒くなってきました。
これからが秋本番!様々なことに楽しい何かを見いだしていければ、
この1ヶ月間も有意義な日々を過ごせるのかなあと思います。

さてさて、今日は9月下旬に鑑賞した中日劇場公演『ノバボサノバ/めぐり会いは再び』について
書いていきます。ちょっと記憶が薄れているところもありますが、
役替わりを中心に書いていければいいかなと思います。例外は紅さんかな(笑)。
タイトルは芝居の原作『愛と偶然の戯れ』の仏語題名をアレンジしました。
偶然という意味である「du hasard」を抜いただけなんですけどね(苦笑)。
「名古屋での”愛の戯れ”」という意味のタイトルです。

続きを読む


コメント(0) 

『ランスロット』の開幕 [星組]

だんだん蒸し暑く夏らしい天気になってきていますが、いかがお過ごしでしょうか。

今日は色々な発表がありましたね。
未涼さんのバウ主演や明日海さんの『アリスの恋人』が凄く楽しみです。
とても観たいのだけれど、チケットをとるのが凄く難しそうですね。
『アリスの恋人』は英国ロイヤルバレエの『ピーター・ラビット』のようにリアルな動物が
登場してくれればすごくうれしいけれど、多分ないでしょうね。
チェシャ猫やウサギのキャストが今から楽しみです。…勿論アリス役もだけれど。

他にも色々なことが公になりましたが、
今日は『ランスロット』の配役発表について書いていければと思います。
ま、私の個人的な楽しみで書いていますから、そのことを了承して読んでいただければ有難いです。

続きを読む


コメント(0) 

『オーシャンズ11』製作発表の雑感 [星組]

昨日、星組版『オーシャンズ11』の製作発表が行われたようですね。
色々なメディアで報道され、話題性を感じます。
私もこの舞台には結構期待していまして、映画も観ていました。ついでに配役予想も。

この映画の舞台化をワーナーブラザーズが先に言い出したこととは思いもよらず。。。
しかも、きっかけは『カサブランカ』。さすが宙組!さすが大空さん!…と感激したのは他ならぬワタクシ。
すべては縁だ、という、よくきく言葉を改めて実感しました。
宙組さんによって動き出したこの企画。星組さんにはその期待を背負って頑張っていただきたいですね。
「今年の冬は宝塚の『オーシャンズ11』!」…と私は心の中で決めました。
早速観劇予定を立てなければなりませぬ。

続きを読む


コメント(0) 

星組大劇場公演『めぐり会いは再び』 [星組]

昨日に引き続き、本日は『めぐり会いは再び』の感想を書いていきますね。
1週間前に観た公演の感想ですので、記憶があやふやなところもございます。ご了承ください。

『めぐり会いは再び』はマリヴォーの『愛と偶然の戯れ』が原作となっています。
マリヴォー作品の特徴であるマリヴォダージュ。恋愛心理を細かく描いた洗練された文体を指します。
このマリヴォダージュに私は写実主義の要素も含まれていると考えています。
例えば、『愛と偶然の戯れ』のシルヴィアと彼女に使えるリゼットの会話から
彼女達それぞれの性格(もしくは職業柄の個性というべきか)も見え隠れしていることがよく分かります。
それは劇作家として、アカデミー・フランセーズの会員として、当たり前のことかもしれません。
まあ、この考察は原書を読んでいたときに考えたことであり、
私が意味を勘違いしながら読んでいる可能性が大いにあるので、この話はここでやめておきましょう。

さて、公演を振り返っていきましょう。


続きを読む


コメント(2) 

星組大劇場公演『ノバボサノバ』 [星組]

皆様、お久しぶりです。5月もあっという間に過ぎていくような気がして、
何か自分のために有意義なことをせねば、と考えているmarineです、こんにちは。

5月7日に宝塚にて『ノバボサノバ/めぐり会いは再び』を鑑賞してきたので、
今日は『ノバボサノバ』の感想を書いていきますね。
観劇してから早めに感想をブログにアップしたかったものの、
日々の忙しさから今日まで何もできませんでした。
ところどころあやふやな記憶があるでしょうが、大目に見て下さると嬉しいです。
ちなみに、『ノバボサノバ』の役替わりキャストの方ですが、
紅ゆずるオーロ、真風涼帆マール、夢乃聖夏メール夫人、花愛瑞穂マダムガートの回でした。


続きを読む


コメント(0) 

『愛するには短すぎる/ル・ポアゾン2』 [星組]

皆様、今年のバレンタインデーはどのような1日でしたか?
私は名古屋にて『愛するには短すぎる/ル・ポアゾン~愛の媚薬~2』を鑑賞してきました。
ちなみに、芝居の方での日替わりとなっているスープと衣裳について書いておきますね。
アンソニーが飲んだスープは「八丁味噌スープ」で(味噌汁だね、味噌汁!)
フレッドが仮面舞踏会で着ていた衣裳は白いアラビア風のものでした。
これで何時公演を観たか分かっていただけるかしらん?

天寿光希さんの休演には心を痛めております。
早く元気になっていただけますよう、
また次の大劇場公演には明るく楽しく舞台に立っていただけますよう、願っています。


続きを読む


コメント(0) 

『メイちゃんの執事』 [星組]

110130_1547~04.jpg


今日は前回に予告したとおり『メイちゃんの執事』の感想を書いていければと思います。
この作品を観劇するにあたって、漫画を全て読みました。
ですから、ストーリーそのものは全て分かった上での観劇となりました。

この写真は2幕が始まる前に撮影したものです。この羊ちゃんがとてもキュートなのです!
目をまばたきしたりウィンクしたり…客席中羊ちゃんに黄色い声をあげていました!
(私も「かわいいーきゃー!」と叫んでいた人達の1人です。)
ちなみに1幕が始まる前は羊ちゃんではなく薔薇が映し出されていました。

さて、感想を書いていきましょうか。
(少し結末を明かすような記述もありますので、ご覧になるときにはご注意ください。)

続きを読む


コメント(0) 

『メイちゃんの執事』配役発表 [星組]

今年の宝塚ライフの振り返る時期がやってきていますが、
今年はそんなに公演を観ていないので、書くこともそんなに無いだろうし、
書く時間が持てるかどうか今年中はないかもしれませんので、
機会と時間さえあれば来年にでも振り返らせていただこうかなあと思います。

今日は私が注目している『メイちゃんの執事』について。
配役が発表になりましたので、そのことについてつれづれなるままに書かせていただきます。
この記事を書くにあたり、以前記事にした「『メイちゃんの執事』配役予想」を参考にしました。


続きを読む


コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。