So-net無料ブログ作成

『麗しのサブリナ/EXCITER!!』 [花組]

今日は久しぶりに宝塚の話題でも。

EXCITER_1.jpg

約1ヶ月ほど前に花組公演『麗しのサブリナ/EXCITER!!』を鑑賞していました。
感想を書くか書かないか、非常に迷いましたが、
一応鑑賞した記録として思うことをそのまま綴っていこうと思います。
今回は普段よりも短い感想になるはずです。(記憶の問題です…。)

続きを読む


コメント(2) 

麗しのサブリナ [花組]

今回は花組さんです。
昨日発表された公演が次期花組トップ娘役である蘭はなちゃんのお披露目となります。
ですから、花組ファンの皆様はドキドキしながら、この日を待っていたのではないかと思います。

花組
■主演…(花組)真飛 聖、蘭乃 はな

◆宝塚大劇場:2010年7月30日(金)~8月30日(月)
<一般前売:2010年6月26日(土)>
◆東京宝塚劇場:2010年9月17日(金)~10月17日(日)
<一般前売:2010年8月15日(日)>

ミュージカル
『麗しのサブリナ』
脚本・演出/中村 暁

サミュエル・テイラーの戯曲「サブリナ・フェア」が1954年にビリー・ワイルダー監督により映画化された「麗しのサブリナ」は、オードリー・ヘップバーン主演のロマンティック・コメディ。「ローマの休日」に続くオードリー・ヘップバーンのヒット作で、ハンフリー・ボガート、ウィリアム・ホールデンが共演。映画の中でオードリーが身に着けていた細身のパンツは、「サブリナパンツ」と呼ばれ、1950年代当時、爆発的な流行を見せ、ファッション文化を生む出したことでも有名です。大富豪ララビー家に仕える運転手の娘サブリナを巡り、ララビー家の長男ライナスとその弟ディヴィットとが繰り広げるロマンチックでコミカルな三角関係が、ミュージカル・ナンバーに乗って、おしゃれに繰り広げられます。

スパークリング・ショー
『EXCITER!!』
作・演出/藤井大介

2009年に同組で上演し好評を博した作品の再演。刺激、熱狂、興奮をもたらす者“EXCITER”。ありふれた人生も、ちょっとした刺激、スパイスでバラ色に輝く。“音の革命”“美の革命”“男の革命”…。愛と夢を現代社会に送り届ける宝塚こそ“EXCITER”であるという軸の上に、究極に格好良い場面で構成された現代的でエネルギッシュなショー作品。真飛聖と新トップ娘役・蘭乃はなを中心に作り出す『EXCITER!!』にご期待下さい。

続きを読む


コメント(4) 

虞美人の人物相関図 [花組]

宝塚の公式サイトに『虞美人』の人物相関図がアップされました。
以前書いた「虞美人の配役など」とは少し違っているので改めて書いていければと思います。
…そのときの記事に追記するという形で良かったんでしょうが時間が結構経っているので、
書きなおすことにしました。今回の方が分かりやすいといってもらえるように頑張ります。


続きを読む


コメント(0) 

『虞美人』新公の主要3役決定 [花組]

本日、花組新人公演『虞美人』の主要3役が発表になりました。
予想通りの人もいればいが意外だなと感じた人もいるのではないでしょうか?

項羽(こうう):鳳真由(真飛聖)
虞美人(ぐびじん):天咲千華(桜乃彩音)
劉邦(りゅうほう):瀬戸かずや(壮一帆)


続きを読む


コメント(0) 

虞美人の配役など [花組]

1月29日は『虞美人』の集合日だったらしく配役とその公演での退団者が発表されました。
私が以前配役を予想したときのものと合わせて、書いていければと考えています。
でも、私は『虞美人』について何も知らないので、書けることがそんなにありません。
しかしながら、自分らしく綴っていければと。


続きを読む


コメント(2) 

蘭の花 [花組]

花組次期トップ娘役について
この度、花組次期トップ娘役に2010年2月26日付で月組から組替えとなる蘭乃 はなが、決定しましたのでお知らせ致します。

トップ娘役としての公演は、2010年7月30日に初日を迎える花組宝塚大劇場公演(演目未定)からとなります。 尚、それまでの出演予定は以下の通りです。
・2月4日~2月25日  月組 宝塚バウホール・東京特別公演『HAMLET!!』
・4月30日~5月30日 花組 東京宝塚劇場公演『虞美人』
※4月16日からの月組公演『THE SCARLET PIMPERNEL』には出演しません。


続きを読む


コメント(4) 

La reine de la fleur paritira... [花組]

題名の意味は「花の女王が出発する予定だ」というフランス語。
…一昨日に退団発表し、昨日退団会見をした桜乃彩音さんのことです。

なぜ女王かといいますと、私が好きだった彼女の役が黒蜥蜴とキハだったから。
(黒蜥蜴は「お兄ちゃん」と言うまでが好きだった(笑)。)
だから、あえて「女王」とつけさせていただきました。(単純すぎてすみません。)


続きを読む


コメント(4) 

赤いけしの花 [花組]

この「赤いけしの花」が歌われることはないでしょうが、『虞美人』の再演が決まりました。
とはいえ、すべてをキムシン流にアレンジをしていくということで、
新しい舞台になることは間違いなしかと思います。

既に新しい情報も入ってきているのに、
ここまでこの記事を書くのが遅くなったのはパリに遊びに行っていたためです。
パレ・ロワイヤルやコメディーフランセーズ、オペラ座(ガルニエ)、モンマルトル、オルセー美術館、
サン・ヴァンサン墓地(ユトリロの墓があります!)、モンマルトル墓地に行ってきました。
このことは留学ブログで書いていこうと思います。
…場所によっては宝塚で上演された舞台を思い出したりしてしまいました。

では、書いていきましょうか。


続きを読む


コメント(0) 

話題のドラマを舞台化決定 [花組]

やっと花組さんです。
花組さんはこういう人気ドラマを舞台化することって多いと思いませんか?
…今年1月に上演された『太王四神記』といい、この『相棒』といい。

今の花組さんは稽古中ですよね。
新型インフルに負けないで頑張っていただきたいものです…。


ドラマを見た?映画を見た?(続きを読む)


コメント(0) 

外伝ベルバラの第2幕 [花組]

今日は『エリザベート』新人公演ですね。
しずくちゃんが気になって仕方ないのですが何かあっても演技でなんとかするだろうと思っています。
「パパみたいに」が結構不安ですけど、ここでは五十鈴パパがいらっしゃいますから大丈夫でしょう。
「私だけに」も感情をきちんと歌にのせれるよう頑張ってくださったら。。。
ちょっと不安ですけど、ま、気にしないでおこう(笑)。

そんなことよりも!!!!まめさん(日向燦さん)の退団が決まってしまいましたよ。
紫陽レネさん、聖花まいさん、嶺乃一真さんも外伝ベルばらで宝塚を去ります。。。
まめさんの3枚目をもっと観たかっただけに残念です。…ぐすん。


続きを読む


コメント(4) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。